由美かおる、岡麻美、野平ゆきのヌード・おっぱい! 江戸川乱歩の黄金仮面 妖精の美女(ドラマ)のあらすじや感想

江戸川乱歩の黄金仮面 妖精の美女(ドラマ)は、「江戸川乱歩の美女シリーズ」をドラマ化した第6作目の作品です。監督は井上梅次。(1978年)

怪盗ルパンの再来と恐れられる黄金仮面に、名探偵・明智小五郎が立ち向かう様を描いています。

由美かおる、岡麻美、野平ゆきがヌード・おっぱいを披露!

そんな江戸川乱歩の黄金仮面 妖精の美女(ドラマ)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

江戸川乱歩の黄金仮面 妖精の美女のあらすじ

都内各所では度々黄金の仮面をかぶった怪人の姿が目撃され、この怪人物が目撃された付近では、必ず国宝級の古美術品が盗まれるという事件が発生していた。

明智小五郎も、探偵としてこの怪人に人並みならぬ興味を抱き、ついに“黄金仮面”と対決する機会が生じる。

石油王と呼ばれ、日本古美術品の一大コレクターとして知られる大島喜三郎の元に、“黄金仮面”から警告状が届いた。

その警告状には、フランス商社の東京支店長であり、喜三郎の長女である絹枝の恋人でもあるロベール・サトー氏が訪問するその日に、古美術品を頂戴する、という内容が書かれていた。

この警告状が届いたことから、秘書の三好が波越警部に相談し、そして波越警部は明智小五郎に応援を求める。

かくして、「明智小五郎対“黄金仮面”」の幕が上がったのだった・・・。

江戸川乱歩の黄金仮面 妖精の美女の感想

由美かおる、岡麻美、野平ゆきのヌード・おっぱいシーンも見所の1つです。

江戸川乱歩の黄金仮面 妖精の美女のキャスト・スタッフ

明智小五郎役  天知 茂
不二子役  由美かおる
浦瀬役  森次晃嗣
絹枝役  結城美栄子
大島喜三郎役  松下達夫
三好役  藤村有弘
小雪役  野平ゆき
セシル役  山本リンダ
美子役  岡麻美
犬の散歩をする青年役  託摩繁春(宅麻伸)
ロベール役  伊吹吾郎

監督  井上梅次
原作  江戸川乱歩
脚本  長谷川公之

タイトルとURLをコピーしました