夏生ゆうな29歳のヌード・おっぱい&濡れ場! ねじりん棒(映画)のあらすじや感想

ねじりん棒(映画)は、6人の監督達が“エロス”をテーマに描いた6つの愛のドラマ「ラブ・コレクション」シリーズの中の1作です。監督は富岡忠文。(2004年)

夏生ゆうながヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなねじりん棒(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

ねじりん棒(映画)のあらすじ

新米タクシードライバーの井村は散髪のためにとある理髪店に入り、おしゃべり好きな店主と話が弾んで思わずとっておきの自慢話を始めてしまう。

それは数日前の真夜中、井村はホテルの前で美咲という若い女を乗せた。

女は男に殴られて逃げてきたというが部屋に財布を置き忘れたことに気づき、井村は仕方なく彼女の自宅まで向かう。

ところが自宅に着いてみると、あるはずの現金は旅行中の夫が持って行ってしまったと言うのだ。

すると美咲は突然、「あたしとタクシー代と、どっちがほしい?」と井村を誘惑し始めた・・・。

ねじりん棒(映画)の感想

ラブコレクションシリーズの中でも異質と思えるコメディ作品。

29歳夏生ゆうなのヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

ねじりん棒(映画)のキャスト・スタッフ

夏生ゆうな(美咲)
斎藤歩(井村直人)
ベンガル(藤沢)
角替和枝(由美子)
石橋蓮司(田上勝利)

監督  富岡忠文
脚本  前田順之介

タイトルとURLをコピーしました