一ノ瀬康子、谷川みゆきのヌード・おっぱい! 濡れた心 レズビアン殺人事件(ドラマ)のあらすじや感想

濡れた心 レズビアン殺人事件(ドラマ)は、多岐川恭の「濡れた心」を原作に、瀬川昌治監督がドラマ化したサスペンス作品です。(1981年)

連続殺人事件の謎を追う、女子高生の姿を描いています。

一ノ瀬康子、谷川みゆきがヌード・おっぱいを披露!

そんな濡れた心 レズビアン殺人事件(ドラマ)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

濡れた心 レズビアン殺人事件のあらすじ

両親を早く亡くした刑事の小村釣一は、横浜の女子校に通う妹のトシと二人でアパートに住んでいる。

トシには同級生の御厨典子という親友がいた。

典子は父を亡くしていたが、ブティックを経営する母の賤子、祖母の芙美と立派な屋敷に暮らしている。

トシと典子は環境も性格も全く異なる2人だが、単なる友情以上の感情をお互いに抱いていた・・・。

濡れた心 レズビアン殺人事件の感想

当時22歳だった一ノ瀬康子、21歳だった谷川みゆきのヌード・おっぱいシーンは見所の1つです。

濡れた心 レズビアン殺人事件のキャスト・スタッフ

小村トシ役  大場久美子
小村均一役  太川陽介
御厨典子役  一ノ瀬康子
御厨賤子役  左幸子
御厨芙子役  賀原夏子
南方寿利役  谷川みゆき

監督  瀬川昌治
脚本  山浦弘靖
原作  多岐川恭
音楽  青山八郎

タイトルとURLをコピーしました