遠藤新菜21歳のヌード・おっぱい&濡れ場! 無伴奏(映画)のあらすじや感想

無伴奏(映画)は、小池真理子の半自伝的小説を、矢崎仁司監督が映画化した作品です。(2015年)

1969年の仙台を舞台に、2人の青年と出会った女子高生が、恋を経験しながら大人の女性に成長していく様を描いています。

遠藤新菜がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな無伴奏(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

無伴奏のあらすじ

1969年、学生運動が日本中で起こっていた中、仙台で暮らしている女子高生の響子も、同級生のレイコやジュリーとともに学園紛争にのめり込んでいた。

そんなある日、響子は友人に連れられて喫茶店「無伴奏」を訪れる。

クラシック音楽が流れる「無伴奏」で、響子は渉という大学生と出会い興味を持つ。

それから後、響子は偶然入った無伴奏で渉と再会し、次第に彼のことを好きになっていった・・・。

無伴奏の感想

1969年頃の音楽やファッション、雰囲気、喫煙シーンなどが魅力的。

当時21歳だった遠藤新菜のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

無伴奏のキャスト・スタッフ

野間響子役  成海璃子
堂本渉役  池松壮亮
関祐之介役  斎藤工
エマ役  遠藤新菜
松本若菜 / 酒井波湖 / 仁村紗和 / 斉藤とも子 / 藤田朋子 / 光石研

監督  矢崎仁司
脚本  武田知愛 / 朝西真砂
原作  小池真理子

タイトルとURLをコピーしました