宮島沙絵22歳のヌード・おっぱい&濡れ場! ライカ-Laika-(映画)のあらすじや感想

ライカ-Laika-(映画)は、今関あきよし監督による恋愛ドラマ作品です。(2016年)

宮島沙絵がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなライカ-Laika-(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

ライカ-Laika-(映画)のあらすじ

日本人女性のライカは語学留学のためにモスクワを訪れ、女優を目指しているロシア人女性のユーリャと一緒に暮らしている。

ライカはユーリャに亡くなった母を重ね、ユーリャはライカのあどけなさに癒やされ、2人は深い愛で結ばれていた。

ところがニコライという青年が現れ、その関係は微妙なズレを生み出していく・・・。

ライカ-Laika-(映画)の感想

日本人女子とロシア人女子のレズ恋愛ドラマ。

相手を愛するがゆえにメンヘラをさく裂させてしまう女の子。

ラストは切ない・・・。

当時22歳だった宮島沙絵のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

ライカ-Laika-(映画)のキャスト・スタッフ

宮島沙絵
クセーニア・アリストラートワ
アレクサンドロ・スハノフ
エカテリーナ・ダルゴア
ドミトリー・コゼルスキー
木下順介
オリガ・カレーバ

監督  今関あきよし
脚本  いしかわ彰

タイトルとURLをコピーしました