横山エミー44歳のヌード・おっぱい&濡れ場! 修羅のみち8 大阪最終血戦(映画)のあらすじや感想

修羅のみち8 大阪最終血戦(映画)は、シリーズ第8作目のバイオレンスアクション作品です。監督は佐々木正人。(2003年)

横山エミーがヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな修羅のみち8 大阪最終血戦(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

修羅のみち8 大阪最終血戦(映画)のあらすじ

関東共住会大神組三代目の大神龍馬は、宿敵である関西山王組・黒田を倒して抗争は終わりを迎えたはずだった。

しかし死んだのは黒田の影武者で、龍馬は黒田率いる山王組から激しい応酬を受ける。

黒田はこの期に乗じて、全面抗争の覚悟で関東乗っ取りを仕掛けていった・・・。

修羅のみち8 大阪最終血戦(映画)の感想

かなりアクション性が高まっている作品。

当時44歳だった横山エミーのヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

修羅のみち8 大阪最終血戦(映画)のキャスト・スタッフ

原田龍二
渡辺裕之
大和武士
清水宏次朗
力也
小西博之
亀石征一郎
横山エミー
又野誠治
松田優
永倉大輔
田島好人
亀石太夏匡
白国秀樹
若翔洋
坂本万里子
奈良坂篤
辰馬伸
織田無道
清水昭博
松方弘樹

監督  佐々木正人
原作  鈴川鉄久
脚本  井上鉄勇

タイトルとURLをコピーしました