タン・ウェイのヌード・おっぱい&濡れ場! ラスト、コーション(映画)のあらすじや感想

ラスト、コーション(映画)は、アン・リー監督による官能サスペンス作品です。(2007年)

タン・ウェイがヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなラスト、コーション(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

ラスト、コーション(映画)のあらすじ

1942年、日本占領下の上海。

抗日運動に身を投じる女スパイのワンは、敵対する特務機関のリーダー、イーに近づき暗殺するため機会をうかがっていた。

やがてイーに近づき誘惑することに成功したワンは彼と危険な逢瀬を重ね、死と隣り合わせの日常から逃れるように暴力的なまでに二人は激しく求め合った・・・。

ラスト、コーション(映画)の感想

タン・ウェイのヌード・おっぱいや濡れ場シーンは見所です。

ラスト、コーション(映画)のキャスト・スタッフ

トニー・レオン
タン・ウェイ
ワン・リーホン
ジョアン・チェン
トゥオ・ツォンホァ
チュウ・チーイン
チン・ガーロウ
クー・ユールン
ガオ・インシュアン
ジョンソン・イェン
リサ・ルー

監督  アン・リー
原作  チャン・アイリン
脚本  ワン・フイリン / ジェームズ・シェイマス

タイトルとURLをコピーしました