尾野真千子29歳のヌード・おっぱい&オナニーシーン! 真幸くあらば(映画)のあらすじや感想

真幸くあらば(映画)は、小嵐九八郎の小説を、御徒町凧監督が映画化したラブ・ストーリー作品です。(2010年)

死刑囚の青年と、その青年に婚約者を殺された女性との禁断の愛を描いています。

尾野真千子がヌード・おっぱいやオナニーシーンを披露!

そんな真幸くあらば(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

真幸くあらばのあらすじ

南木野淳はカップルを殺害した罪によって収監されている。

その淳のもとを、クリスチャンの薫が訪れる。

その薫は、淳が殺した男性の婚約者だった。

しかし薫は婚約者の不実を暴いた淳に惹かれ、愛を知らずに育った淳も薫によって生きる喜びを知っていく。

二人は面会のアクリル板を挟んだ状態で互いに求め合うようになり、聖書に小さな文字を書き込んで思いを伝えるという、秘密の通信を始めた・・・。

真幸くあらばの感想

当時29歳だった尾野真千子のヌード・おっぱいやオナニーシーンも見所の1つです。

真幸くあらばのキャスト・スタッフ

カワハラカオル役  尾野真千子
ナギノジュン役  久保田将至
シケイシュウ役  ミッキー・カーチス
シケイシュウ役  テリー伊藤
ベンゴシ役  佐野史郎

監督  御徒町凧
原作  小嵐九八郎
脚本  高山由紀子

タイトルとURLをコピーしました