菊地花子のヌード・おっぱい&濡れ場! 尻を撫でまわしつづけた男 痴漢日記6(Vシネマ)のあらすじや感想

尻を撫でまわしつづけた男 痴漢日記6(Vシネマ)は、「痴漢日記」シリーズの最終作・第6弾の作品です。監督は富岡忠文。(1998年)

満員電車内で、痴漢行為を煽って美人局をするコギャルが登場!

菊地花子がヌード・おっぱいや濡れ場を披露しています。

そんな尻を撫でまわしつづけた男 痴漢日記6(Vシネマ)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

尻を撫でまわしつづけた男 痴漢日記6のあらすじ

いつもと変わらぬ満員電車で、痴漢魔たちはいつもと変わらず指先天国を味わっていた。

しかしそんな満員電車内に、天敵の刑事だけでなく、痴漢専用の美人局が出現する。

オバカな痴漢仲間の川崎は車通勤になり、地方の支店長という栄転話が舞い込む。

愛娘と一緒に暮らしたいガム男は、痴漢をやめる事が女房からの条件にされる。

警察をクビになった桜田門は、愛する女性とその娘のために奔走していく・・・。

尻を撫でまわしつづけた男 痴漢日記6の感想

菊地花子のヌード・おっぱいや濡れ場シーンは見所の1つです。

尻を撫でまわしつづけた男 痴漢日記6のキャスト・スタッフ

菊地花子 / 大竹一重 / 三咲まお / 螢雪次朗 / 山口美也子 / 温水洋一 / 遠藤憲一 / 三橋貴志 / 上田耕一

監督  富岡忠文
脚本  加藤正人

タイトルとURLをコピーしました