時任歩、佐々木ユメカのヌード・おっぱい&濡れ場! I.K.U.(映画)のあらすじや感想

I.K.U.(映画)は、シュー・リー・チェン監督が脚本も務めて制作された作品です。(2000年)

時任歩、佐々木ユメカがヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなI.K.U.(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

I.K.U.のあらすじ

ゲノム社は肉体の接触なしで快感が得られる究極のシステムを開発し、7体のセクシーなレプリカント、レイコを渋谷の街に放った。

彼女たちは人間と次々にセックスしていき、オーガズム・データを次々と収集していった・・・。

I.K.U.の感想

エロいシーンにテクノ音楽と20年前のCG映像を駆使したソフトコアポルノ作品。

時任歩、佐々木ユメカのヌード・おっぱいや濡れ場シーンは見所の1つです。

I.K.U.のキャスト・スタッフ

時任歩
夢野まりあ
佐々木ユメカ
有賀美穂
麻生みゅう
土田悦世

監督・脚本  シュー・リー・チェン
原案  浅井隆 / シュー・リー・チェン

タイトルとURLをコピーしました