益戸育江(高樹沙耶)21歳のヌード・おっぱい&濡れ場! チ・ン・ピ・ラ(映画)のあらすじや感想

チ・ン・ピ・ラ(映画)は、1983年に33歳で亡くなった金子正次の遺稿を川島透監督が映画化した作品です。(1984年)

毎日を自由気ままに生きていくチンピラ2人の苦悩や友情を描いています。

益戸育江(高樹沙耶)がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなチ・ン・ピ・ラ(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

チ・ン・ピ・ラ(映画)のあらすじ

洋一と道夫は本物のヤクザになるわけでもなく、競馬のノミ屋をやりながら軽いノリで毎日を暮らしている“チンピラ”。

そんなある日、ふたりは兄貴分のヤクザから組織のシャブを預かっておくように命じられた・・・。

チ・ン・ピ・ラ(映画)の感想

当時21歳だった益戸育江(高樹沙耶)のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

チ・ン・ピ・ラ(映画)のキャスト・スタッフ

柴田恭兵(藤川洋一)
ジョニー大倉(梅沢道夫)
高樹沙耶(裕子)
石田えり(美也)
川地民夫(大谷)
久保田篤(太)
鹿内孝(雨宮)
小野武彦(上田)

監督  川島透
脚本  川島透 / 金子正次

タイトルとURLをコピーしました