高尾祥子30歳のヌード・おっぱい&濡れ場! 団地妻 昼下がりの情事(映画 2010)のあらすじや感想

団地妻 昼下がりの情事(映画 2010)は、1971年版の作品のリメイク版として制作された作品です。監督は中原俊。

過疎化が進む団地に住んでいる専業主婦のセールスマンとの不倫生活を描いています。

高尾祥子がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな団地妻 昼下がりの情事(映画 2010)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

団地妻 昼下がりの情事(映画 2010)のあらすじ

団地に暮らしている専業主婦の清香は夫とのコミュニケーションもままならず、さらに閉塞的な団地の中で一人暮らしの老人の孤独死や近所のおせっかいな女、素行の悪い子供たちなどに囲まれますます鬱屈していた。

そんなある日、清香は浄水器販売のセールスマン・哲平と出会う。

清香は人妻でありながら一線を越え、白昼の団地で哲平と激しく求め合ってしまった・・・。

団地妻 昼下がりの情事(映画 2010)の感想

2000年代の団地を舞台にしたいろんなエピソードには、暗いと思う人とおもしろいと思う人で違いが出るかも。

当時30歳だった高尾祥子のヌード・おっぱいや濡れ場シーンは、ボカシは大きめですが見所の1つです。

団地妻 昼下がりの情事(映画 2010)のキャスト・スタッフ

高尾祥子
三浦誠己
遠藤雅
志水季里子
白川和子

監督  中原俊
脚本  山田耕大

タイトルとURLをコピーしました