中原翔子36歳のヌード・おっぱい&濡れ場! 重松清「愛妻日記」より 童心(Vシネマ)のあらすじや感想

重松清「愛妻日記」より 童心(Vシネマ)は、シリーズ第3弾の官能ドラマ作品です。監督は富岡忠文。(2006年)

中原翔子がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな重松清「愛妻日記」より 童心(Vシネマ)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

重松清「愛妻日記」より 童心(Vシネマ)のあらすじ

平凡な主婦の陽子は平凡な団地に住み、夫・真一とのセックスもマンネリで退屈な日常を送っている。

一人息子の潤一は、ヌード雑誌を隠し持っていたりと色気づき始める年頃。

そんな中学受験を控えた潤一にある日、「正月さ、どっか行けば?」と思いがけないことを言われ、陽子と真一は突然2人だけの正月を過ごすことになった・・・。

重松清「愛妻日記」より 童心(Vシネマ)の感想

普通の中年夫婦の悩みが描かれていて、観終わった後爽やかな気持ちになれる作品。

当時36歳だった中原翔子のヌード・おっぱい、濡れ場シーンも見所の1つです。

重松清「愛妻日記」より 童心(Vシネマ)のキャスト・スタッフ

中原翔子
斎藤歩

監督  富岡忠文
原作  重松清
脚本  井上淳一

タイトルとURLをコピーしました