源利華26歳のヌード・おっぱい&濡れ場! 陰獣(映画 2008)のあらすじや感想

陰獣(映画 2008)は、江戸川乱歩の同名小説を、バーベット・シュローダー監督が映画化した官能ミステリー作品です。

源利華がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな陰獣(映画 2008)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

陰獣(映画 2008)のあらすじ

新作のプロモーションのために来日したフランス人作家のアレックスは、この機会に敬愛する日本の推理小説家・大江春泥と面会したいと願っていた。

しかし大江は決して人前に姿を見せず、その所在を知る者は誰一人としていなかった。

そんな中、京都を訪れたアレックスはフランス語が堪能な芸妓の玉緒という女性と出会う・・・。

陰獣(映画 2008)の感想

当時26歳だった源利華のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

陰獣(映画 2008)のキャスト・スタッフ

ブノワ・マジメル
源利華
石橋凌
西村和彦
藤村志保
菅田俊

監督  バーベット・シュローダー
原作  江戸川乱歩
脚本  ジャン=アルマン・ブグレール / フレデリック・アンリ / バーベット・シュローダー

タイトルとURLをコピーしました