森野美咲28歳のヌード・おっぱい&濡れ場! 花鳥籠(映画)のあらすじや感想

花鳥籠(映画)は、深志美由紀の同名官能小説を、ヨリコジュン監督が映画化した作品です。(2013年)

森野美咲がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな花鳥籠(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

花鳥籠(映画)のあらすじ

平凡なOLとして生活していた寧子は、中学生の時に義父に何度も犯され続けた体験があり、そのトラウマから実際のセックスには抵抗があり、もっぱらインターネットの2ショットチャットで知り合った男たちとバーチャルなセックスを楽しんでいた。

そんなある日、寧子は“S”と名乗る男の命令により公園で自らの放尿の現場を、母親を虐待したという少年・シュウに目撃される。

シュウの「変態だね」という言葉に激しい羞恥と快楽を感じた寧子は、出口のない深みに溺れていった・・・。

花鳥籠(映画)の感想

当時28歳だった森野美咲の美巨乳ヌード・おっぱいや、オナニー、放尿、剃毛、潮吹き、フェラ、SEXなどの濡れ場シーンも見所の1つです。

花鳥籠(映画)のキャスト・スタッフ

森野美咲
サトウケンジ
琥珀うた
太田信吾
村上隆文
福田ゆみ
三藤守弘
スガマサミ
速水今日子

監督  ヨリコジュン
原作  深志美由紀
脚本  池田智美

タイトルとURLをコピーしました