クリスタナ・ローケン27歳のヌード・おっぱい&濡れ場! セクシャリティ(映画 2006年)のあらすじや感想

セクシャリティ(映画 2006年)は、ダニエル・アグネロとジョー・ホールが監督・脚本を務めた作品です。

クリスタナ・ローケンがヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなセクシャリティ(映画 2006年)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

セクシャリティ(映画 2006年)のあらすじ

女性カメラマンのゼファーは、友人の紹介でエリーという女性と出会い、女性ながらもエリーに心惹かれていく。

エリーにはチェイスという恋人がいるのだが、三人はそれぞれ過去のトラウマを持ち、満たされない心を酒やドラッグ、セックスで埋めようとする。

しかしそれらの行為は、彼らの絶望への未来を予見していた・・・。

セクシャリティ(映画 2006年)の感想

当時27歳だったクリスタナ・ローケンのヌード・おっぱいや濡れ場シーンは見所の1つです。

セクシャリティ(映画 2006年)のキャスト・スタッフ

クリスタナ・ローケン
ダニエル・アグネロ
ジョー・ホール
デヴィッド・J・オドネル
ケイト・デル・カスティーリョ
ヘオルヘ・カスタニェダ
ビリー・ドラゴ

監督・脚本  ダニエル・アグネロ / ジョー・ホール

タイトルとURLをコピーしました