いしだあゆみ、松尾嘉代、神崎愛のヌード・おっぱい&濡れ場! 闇の狩人(映画)のあらすじや感想

闇の狩人(映画)は、池波正太郎の同名小説を原作に、五社英雄監督が映画化した作品です。(1979年)

徳川十代将軍家治の時代、次々と悪人狩りをを引き受ける五名清右衛門率いる“闇の狩人”の姿を描いています。

いしだあゆみ、松尾嘉代、神崎愛がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな闇の狩人(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

闇の狩人のあらすじ

徳川十代将軍家治の時代、首席老中の田沼意次は幕政をあやつり、金権汚職の世をつくりあげていた。

そして江戸の市民生活の裏側には、金で殺しを請負う“闇の狩人”という組織が生まれる。

天明四年の冬、浪人谷川弥太郎は河津の弥市の手引きで白金の徳三を斬った。

弥太郎は、谷川に落ちて過去の記憶を失って彷徨っていたところを弥市に助けられ、谷川弥太郎と名づけられていたといういきさつがあったのだ。

闇の稼業の旗頭・五名清右衛門は、弥太郎を片腕の「仕掛け人」として雇い入れる・・・。

闇の狩人の感想

いしだあゆみ、松尾嘉代、神崎愛のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

闇の狩人のキャスト・スタッフ

五名の清右衛門役  仲代達矢
谷川弥太郎(笹尾平三郎)役  原田芳雄
おりは(荻野)役  いしだあゆみ
おもん役  岸惠子
お咲役  神崎愛
お蓮役  松尾嘉代
下国左門役  千葉真一
田沼意次役  丹波哲郎
半場の助五郎役  ハナ肇
桑野の定八役  役所広司
日野の左喜松役  室田日出男
染善の文吉役  隆大介
河津の弥市役  梅宮辰夫
五寸の寅松役  成田三樹夫
嘉助役  藤田まこと
芝の治平役  大滝秀治
白金の徳蔵役  スマイリー小原
笹尾善左衛門役  加藤嘉
般若院招厳役  東野英治郎
写楽の松役  夏八木勲

監督  五社英雄
脚本  北沢直人
原作  池波正太郎

タイトルとURLをコピーしました