カルーセル麻紀、橘麻紀、衣笠恵子、内村レナのヌード・おっぱい&濡れ場! くの一忍法 観音開き(映画)のあらすじや感想

くの一忍法 観音開き(映画)は、皆川隆之監督によるアクション時代劇作品です。(1976年)

女の武器をすべて生かして男に挑む、伊賀くの一忍者を描いています。

カルーセル麻紀、橘麻紀、衣笠恵子、内村レナがヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなくの一忍法 観音開き(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

くの一忍法 観音開きのあらすじ

元和8年の上州碓氷峠。

信州上田真田藩の一行が鍬形一獄以下の鍬形衆に襲われ、御用金の三万両が奪われた。

そこで伊賀組々頭の服部半蔵は、三人のくの一忍者・お妖、お炎、お乱に、三万両の探索を命じる。

上州・白髭神社に向った三人は、鍬形幻十郎以下、流八、狂七、仙六、闇丸ら鍬形一族に襲われたが退散させた。

その時、真田藩の忍者・風響之介が現われ、三人に御用金の一件から手を引くようにと伝え姿を消した・・・。

くの一忍法 観音開きの感想

カルーセル麻紀、橘麻紀、衣笠恵子、内村レナのヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

くの一忍法 観音開きのキャスト・スタッフ

お妖役  衣笠恵子
お炎役  堀めぐみ
お乱役  橘麻紀
服部半蔵役  名和宏
風響之介役  岡崎二朗
鍬形一獄役  汐路章
葉月役  カルーセル麻紀
藤吉役  間寛平
お弓役  内村レナ

監督  皆川隆之
脚本  松本功 / 志村正浩

タイトルとURLをコピーしました