金沢碧22歳のヌード・おっぱい! 東京湾炎上(映画)のあらすじや感想

東京湾炎上(映画)は、田中光二の「爆発の臨界」を原作に、石田勝心監督が映画化した作品です。(1975年)

タンカーを占領した6人のシー・ジャッカー達と乗組員、日本政府との攻防を描いています。

金沢碧がヌード・おっぱいを披露!

そんな東京湾炎上(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

東京湾炎上のあらすじ

20万トン級の原油タンカー「アラビアン・ライト」が、6人のゲリラ達によってシージャックされる。

シー・ジャッカー達は、鹿児島県喜山CTS及びコンビナートを破壊し、その模様をテレビで実況中継することを要求した。

しかし、要望通りタンカーが爆発すれば東京湾は火の海になってしまう。

日本政府はシー・ジャッカー達の要求に従うと見せかけ、“特撮”によってコンビナート爆破の映像をTV放映することを決定した・・・。

東京湾炎上の感想

当時22歳だった金沢碧のヌード・おっぱいシーンも見所の1つです。

東京湾炎上のキャスト・スタッフ

宗方船長役  丹波哲郎
館次郎役  藤岡弘、
未知子役  金沢碧
江原一等航海士役  北村総一朗
小佐井機関長役  宍戸錠
ムンク役  水谷豊
岩動達也役  渡辺文雄
深見ディレクター役  佐藤慶

監督  石田勝心
原作  田中光二
脚本  大野靖子 / 舛田利雄

タイトルとURLをコピーしました