武田久美子28歳、神乃毬絵25歳のヌード・おっぱい&濡れ場! Zero WOMAN III 警視庁0課の女(Vシネマ)のあらすじや感想

Zero WOMAN III 警視庁0課の女(Vシネマ)は、篠原とおるの漫画“0課の女“を原作に実写化した、「Zero WOMAN」シリーズ第3弾の官能アクション作品です。監督は桑原昌英。(1996年)

武田久美子、神乃毬絵がヌード・おっぱいや濡れ場を披露しています。

そんなZero WOMAN III 警視庁0課の女(Vシネマ)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

Zero WOMAN III 警視庁0課の女のあらすじ

レイは14歳で天涯孤独となり、警察内でも特殊な位置にある裏警察=0課の武藤に引き取られる。

そして殺しのプロになる訓練を受け、一人前の女刑事になった・・・。

Zero WOMAN III 警視庁0課の女の感想

当時28歳だった武田久美子、25歳だった神乃毬絵のヌード・おっぱいや濡れ場シーンは見所の1つです。

Zero WOMAN III 警視庁0課の女のキャスト・スタッフ

武田久美子
松田圭司
西岡徳馬
神乃毬絵
西奈真理
団時朗

監督  桑原昌英
原作  篠原とおる
脚本  井上誠吾 / 桑原昌英

タイトルとURLをコピーしました