五月みどり36歳のヌード・おっぱい&濡れ場! 五月みどりのかまきり夫人の告白(映画)のあらすじや感想

五月みどりのかまきり夫人の告白(映画)は、牧口雄二監督による官能ドラマ作品です。(1975年)

魔性の女が、次々と出会う男を色香で破滅させていく様を描いています。

五月みどりがヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな五月みどりのかまきり夫人の告白(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

五月みどりのかまきり夫人の告白のあらすじ

タレントとして活躍しているみどりは、大学教授で評論家である夫の泰一と世間でおしどり夫婦といわれているが、実際には冷めきった関係になっていた。

そんなある日、みどりはある男から泰一と女子大生・星川小百合のあらわな浮気写真を見せつけられる。

それがきっかけとなってみどりの中で何かがふっ切れ、次々に出会う男達を愛欲の虜にし、その男達に不幸をもたらしていった・・・。

五月みどりのかまきり夫人の告白の感想

五月みどりのポルノ初主演作品。

当時36歳だった五月みどりのヌード・おっぱいや濡れ場シーンは見所の1つです。

五月みどりのかまきり夫人の告白のキャスト・スタッフ

五月みどり役  五月みどり
津島泰一役  山城新伍
星川小百合役  森崎由紀
津島家の執事役  浪花五郎
川村良夫役  岡八郎
木元健次役  伊吹吾郎

監督  牧口雄二
脚本  安西英夫

タイトルとURLをコピーしました