清水沙映19歳、不二子(松尾玲央)23歳のヌード・おっぱい&濡れ場! 嗤う伊右衛門(映画)のあらすじや感想

嗤う伊右衛門(映画)は、京極夏彦の同名小説を原作に、蜷川幸雄監督が映画化した作品です。(2003年)

江戸時代に生きる娘と寡黙な浪人の純愛を官能的に描いています。

清水沙映、不二子(松尾玲央)がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな嗤う伊右衛門(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

嗤う伊右衛門のあらすじ

民谷家の一人娘の岩は悪い病を患い片側の顔が崩れてしまったが、伊右衛門という男と夫婦になった。

最初の頃はしっくりいかなかった2人だったが、次第に打ち解け深く愛し合うようになる。

そんななか、顔が崩れる前に執拗に岩を求めていた筆頭与力の伊藤喜兵衛は、2人の仲を引き裂こうと密かに画策していた・・・。

嗤う伊右衛門の感想

当時19歳だった清水沙映、23歳だった不二子(松尾玲央)のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

嗤う伊右衛門のキャスト・スタッフ

唐沢寿明(民谷伊右衛門役)
小雪(民谷岩役)
香川照之(又市役)
池内博之(直助役)
椎名桔平(伊藤喜兵衛役)
六平直政
井川比佐志
MAKOTO
不二子(松尾玲央)
藤村志保
清水沙映

監督  蜷川幸雄
原作  京極夏彦
脚本  筒井ともみ

タイトルとURLをコピーしました