島田陽子35歳、野村真美24歳のヌード・おっぱい&濡れ場! 花園の迷宮(映画)のあらすじや感想

花園の迷宮(映画)は、山崎洋子の同名小説を原作に、伊藤俊也監督が映画化した作品です。(1988年)

島田陽子、野村真美がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな花園の迷宮(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

花園の迷宮のあらすじ

昭和十七年。

横浜の遊廓・福寿老に姉妹の美津と冬美が売られてきた。

その翌日、福寿老の女主人・多恵の夫の市太郎が他殺体で発見され、ボイラーマンの荘介も腹を刺されて重体になっていた。

多恵が犯人に疑われ警察も多恵を拷問するが、回復した荘介の証言により多恵は釈放される。

だが今度は市太郎の姉・キクが殺され美津の遺体も見つかった・・・。

花園の迷宮の感想

当時35歳だった島田陽子、24歳だった野村真美のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

花園の迷宮のキャスト・スタッフ

秋元多恵役  島田陽子
冬実役  工藤夕貴
美津/椿役  野村真美
百合役  黒木瞳
牡丹役  辻沢杏子
桔梗役  朝比奈順子
秋元市太郎役  中尾彬
原田役  寺田農
高木役  伊武雅刀
武宮役  名高達郎
秋元キク役  江波杏子
三谷荘介役  内田裕也

監督  伊藤俊也
脚本  松田寛夫

タイトルとURLをコピーしました