速水典子、村松恭子のヌード・おっぱい&濡れ場! 重松清「愛妻日記」より 饗宴(映画)のあらすじや感想

重松清「愛妻日記」より 饗宴(映画)は、重松清の小説「愛妻日記」を映画化したシリーズ第2弾の官能ドラマ作品です。監督は緒方明。(2006年)

速水典子、村松恭子がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな重松清「愛妻日記」より 饗宴(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

重松清「愛妻日記」より 饗宴(映画)のあらすじ

雅之と恭子はお互いの老いはじめた身体にもう欲情しなくなっていて、同じベッドの上で違うバイブレーターを使って別々に自慰をしている。

そんな雅之に本当の愛の形を教えてくれたのは、高校の倫理の先生とその奥様との思い出。

それはまだ、雅之が17歳だった時先生の家で奥様と二人きりになり、思わず奥様の身体にむさぼりついた時の出来事だった・・・。

重松清「愛妻日記」より 饗宴(映画)の感想

速水典子がフェラしてごっくんしたあと言う台詞がたまりません。

速水典子、村松恭子のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

重松清「愛妻日記」より 饗宴(映画)のキャスト・スタッフ

杉本哲太
村松恭子
伊藤洋三郎
速水典子

監督  緒方明
原作  重松清
脚本  中野太

タイトルとURLをコピーしました