石田ひかり20歳のヌード・おっぱい&濡れ場! はるか、ノスタルジィ(映画)のあらすじや感想

はるか、ノスタルジィ(映画)は、大林宣彦監督によるファンタスティック・ヒューマンドラマ作品です。(1992年)

北海道の小樽にやってきた人気小説家の男がその地で少女と少年に出会い、高校時代の自分とともに過去の記憶をたどっていく様を描いています。

石田ひかりがヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなはるか、ノスタルジィ(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

はるか、ノスタルジィのあらすじ

北海道の小樽を舞台とした小説を書いて人気を博していた小説家・綾瀬慎介は、小説の挿絵を描いていた紀宮の突然の死をきっかけに、10年ぶりに故郷である小樽を訪ねた。

そこで綾瀬は彼の小説のファンだというはるかという少女と出会う。

そのはるかの案内で小樽を訪ねると、綾瀬の前に佐藤弘と名乗る少年が現れる。

実は佐藤弘という名前は、綾瀬の本名と同じだった・・・。

はるか、ノスタルジィの感想

当時20歳だった石田ひかりのヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

はるか、ノスタルジィのキャスト・スタッフ

綾瀬慎介役  勝野洋
はるか(三好遥子)役  石田ひかり
佐藤弘役  松田洋治
太田登役  尾美としのり
紀宮あきら役  ベンガル
紀宮の妻役  根岸季衣
岡崎役  岸部一徳
カメラマン役  峰岸徹
娼家の女役  赤座美代子
家庭教師役  佐野史郎
公園の女学生役  柴山智加
信乃役  永島暎子
佐藤統策の妻役  増田恵子
佐藤統策役  川谷拓三

監督・脚本  大林宣彦
製作  川島國良 / 大林恭子
原作  山中恒
音楽  久石譲

タイトルとURLをコピーしました