ともさと衣29歳のヌード・おっぱい&濡れ場! 重松清「愛妻日記」より ホワイトルーム(映画)のあらすじや感想

重松清「愛妻日記」より ホワイトルーム(映画)は、重松清の小説「愛妻日記」を映画化したシリーズ第4弾の官能ドラマ作品です。監督は斎藤久志。(2006年)

ともさと衣がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな重松清「愛妻日記」より ホワイトルーム(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

重松清「愛妻日記」より ホワイトルーム(映画)のあらすじ

新婚の早智子と吉田は新築の真っ白な部屋に越してきた。

楽しいはずの新婚生活なのだが、なぜか早智子は吉田の求めに不潔がって応じない。

そんなある日、後輩の加藤が『ホワイトルーム 夜の授業参観』というタイトルのAVを吉田に見せた。

そこには母親の写真を股に挟まれ弄ばれる少女が映っていて、驚くべきことにその場所は吉田たちが住む新築の部屋だったのだ。

吉田はこっそりビデオを持ち帰るが、その中身を早智子に見られてしまう・・・。

重松清「愛妻日記」より ホワイトルーム(映画)の感想

西田直子が脚本を務めていますが男目線の作りになってます。

ともさと衣のヌード・おっぱいや濡れ場シーンは見所の1つです。

重松清「愛妻日記」より ホワイトルーム(映画)のキャスト・スタッフ

ともさと衣
川瀬陽太
高久ちぐさ
杉山圭
遠藤雅

監督  斎藤久志
原作  重松清
脚本  西田直子

タイトルとURLをコピーしました