野村真美、伊織祐未、森田水絵のヌード・おっぱい&濡れ場! 大奥十八景(映画)のあらすじや感想

大奥十八景(映画)は、南原幹雄の同名小説を原作に、鈴木則文監督が映画化した作品です。(1986年)

徳川家綱の世継ぎを巡る、大奥の女たちの欲望や愛憎、人間模様を描いています。

野村真美、伊織祐未、森田水絵がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな大奥十八景(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

大奥十八景のあらすじ

延宝七年、四代将軍の家綱は、武蔵野の山野で鷹狩りをしていた中、貧しい農家の娘・おなつを見染める。

おなつは家綱に力ずくで凌辱され、大奥に召し上げられてお手付中臈に変身した。

家綱は世継ぎに恵まれていなかったため、おなつは期待をこめて性教育を受ける。

そんななか、お手付中臈のおみのが妊娠する。

大奥では待望の世継ぎ懐妊と色めきたったが、実はおみのが妊娠した相手は市井の下賎の男だった・・・。

大奥十八景の感想

大奥十八景のキャスト・スタッフ

おすみ役  辻沢杏子
おなつ役  伊織祐未
よしの役  野村真美
おこと役  渡辺良子
おらん役  森田水絵
おふじ役  八神康子
綱吉役  宮内洋
矢島役  絵沢萠子
姉小路役  新藤恵美
隼の完次役  ベンガル
徳川家綱役  あおい輝彦
中条源四郎役  勝野洋

監督  鈴木則文
脚本  志村正浩 / 鈴木則文
原作  南原幹雄

タイトルとURLをコピーしました