内田春菊、瀧口トモ子のヌード・おっぱい&濡れ場! カインの末裔(映画)のあらすじや感想

カインの末裔(映画)は、有島武郎の同名小説や、旧約聖書の一節「カインのアベル殺し」を原作に、奥秀太郎監督が映画化した作品です。(2006年)

母親を殺した罪を背負って生きる青年と周囲の人々の姿を描いています。

内田春菊、瀧口トモ子がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなカインの末裔(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

カインの末裔のあらすじ

母を殺した罪で医療少年院に入っていた棟方は、10年の刑期を経て出所し、川崎の小さな電子部品の組み立て工場で働くことになった。

そこで上司の毛や牧師の松村らと出会い、新たな生活を歩み始める。

そんなある日、棟方はテレビリモコン型改造拳銃の製造という秘密の仕事を依頼される。

そして彼が生み出したピストルは、やがて町の歯車を狂わせていった・・・。

カインの末裔の感想

内田春菊、瀧口トモ子のヌード・おっぱいや濡れ場シーンは見所の1つです。

カインの末裔のキャスト・スタッフ

棟方役  渡辺一志
松村役  田口トモロヲ
毛役  古田新太
田村の妻・和江役  内田春菊
ゆかり役  楊サチエ
ナオジ役  小松和重
田村役  岸建太朗
大森役  飯田孝男
説教師役  今奈良孝行

監督・脚本  奥秀太郎

タイトルとURLをコピーしました