大野幹代23歳、田中玲那25歳のヌード・おっぱい&濡れ場! Zero WOMAN 消せない記憶(オリジナルビデオ)のあらすじや感想

Zero WOMAN 消せない記憶(オリジナルビデオ)は、篠原とおるの漫画「0課の女」を原作とした「Zero WOMAN」シリーズ第5弾の作品です。監督は吉村典久。(1997年)

大野幹代、田中玲那がヌード・おっぱいや濡れ場を披露しています。

そんなZero WOMAN 消せない記憶(オリジナルビデオ)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

Zero WOMAN 消せない記憶のあらすじ

警視庁0課の女刑事・レイは、悪者を極秘に処刑するという日々を送っている。

そんなレイには、子供の頃のある事件をきっかけに疎遠になった親友がいて、その親友のことをずっと忘れられずにいた。

ある日レイは気分転換にエステ店に行ったのだが、そこで施術する女が忘れられない親友と似ていることに気づく。

しかし躊躇してしまい、本人なのかは確かめられなかった。

そんな中レストランで食事をしたレイは、そこでウェイターとして働いている青年・しいなと知り合い、徐々に異性として親しくなっていった・・・。

Zero WOMAN 消せない記憶の感想

当時23歳だった大野幹代、25歳だった田中玲那のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

Zero WOMAN 消せない記憶のキャスト・スタッフ

レイ役  大野幹代
0課課長役  隆大介
エステの女役  田中玲那
殺し屋役  長沢一樹
しいな役  渡辺航
レストランの経営者役  藤原喜明

監督  吉村典久
脚本  吉村典久 / 山永明子 / 太田隆文
原作  篠原とおる

タイトルとURLをコピーしました