立原麻衣26歳のヌード・おっぱい&濡れ場! Zero WOMAN 名前のない女(オリジナルビデオ)のあらすじや感想

Zero WOMAN 名前のない女(オリジナルビデオ)は、篠原とおるの漫画「0課の女」を原作とした゛Zero WOMAN゛シリーズ第4弾のエロティックアクション作品です。監督は後藤大輔。(1996年)

立原麻衣がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなZero WOMAN 名前のない女(オリジナルビデオ)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

Zero WOMAN 名前のない女のあらすじ

警視庁0課の女刑事・レイは、課長から指示を受けて悪徳弁護士の暗殺などの極秘任務を行っていた。

そんななか、数ヶ月前から巷で男を狙った連続殺人事件が起こり、レイはその犯人と疑いをかけられ刑事による取調べを受けることになってしまう。

その後課長の計らいで取調べから解放されたのだが、「自分の潔白を証明するかお前が犯人なら自分で始末をつけろ」と銃を渡された・・・。

Zero WOMAN 名前のない女の感想

当時26歳だった立原麻衣のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

Zero WOMAN 名前のない女のキャスト・スタッフ

立原麻衣
山下真司
九十九一
北川悠仁
井上彩名
渡辺哲
新藤栄作

監督  後藤大輔
原作  篠原とおる
脚本  本調有香

タイトルとURLをコピーしました