三浦敦子、葉月螢のヌード・おっぱい&濡れ場! Zero WOMAN R 警視庁0課の女 欲望の代償(映画)のあらすじや感想

Zero WOMAN R 警視庁0課の女 欲望の代償(映画)は、篠原とおるの劇画「警視庁0課の女」を原作に、藤原健一監督が実写映画化したエロティック・サスペンス作品です。(2007年)

三浦敦子、葉月螢がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなZero WOMAN R 警視庁0課の女 欲望の代償(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

Zero WOMAN R 警視庁0課の女 欲望の代償(映画)のあらすじ

政界、官界、財界の要人が次々と殺されていく連続殺人事件が起こる。

事件の被害は類似しており、誘惑された挙句に変わり果てた姿となって発見されていたのだ。

警視庁捜査一課のキャリア・早見は、革命思想を持った過激派の犯行と踏んで捜査の陣頭指揮を執っていたのだが、現場には常にレイの姿があった。

早見は零にあからさまな不信感と疑念を持ち、0課についても調べ始める。

聞き込みや資料調べを反目しあいながらも行動を共にしてしまうレイと早見は、無意識のうちに惹かれ合っていった・・・。

Zero WOMAN R 警視庁0課の女 欲望の代償(映画)の感想

主人公・レイ役は三浦敦子。

レイの敵・ユキ役は範田紗々。

三浦敦子、葉月螢のヌード・おっぱいや濡れ場シーンは見所の1つです。

Zero WOMAN R 警視庁0課の女 欲望の代償(映画)のキャスト・スタッフ

三浦敦子
範田紗々
三浦誠己
木庭博光
木村圭作
針生楊志夫
森羅万象
町田政則
ほたる
粟島瑞丸

監督  藤原健一
原作  篠原とおる
脚本  田中貴大 / 藤原健一

タイトルとURLをコピーしました