大竹しのぶのヌード・おっぱい&濡れ場! 死んでもいい(映画)のあらすじや感想

死んでもいい(映画)は、西村望の「火の蛾」を原作に、石井隆監督が脚本も務めて映画化したラブ・ストーリー作品です。(1992年)

旅をしていた青年が人妻にひと目惚れしたことから始まる三角関係を描いています。

大竹しのぶがヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんな死んでもいい(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

死んでもいいのあらすじ

自由気ままに旅をしていた信は、ある日名美という女性と出会う。

信は名美に心魅かれ、名美の働く地元の不動産屋を訪れてアパートを借りたいと申し出た。

案内された古いアパートで、信は名美が英樹の妻であることを知る。

しかし信の名美への気持ちはすでに抗し難いまでにたかぶっていた。

信は英樹の下で働くことになり、あるドシャ降りの夕方、帰りの遅い信を名美が探しにいき、そこで自分を押さえ切れなくなった信は名美を犯してしまう・・・。

死んでもいいの感想

大竹しのぶのヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

死んでもいいのキャスト・スタッフ

土屋名美役  大竹しのぶ
平野信役  永瀬正敏
土屋英樹役  室田日出男
30代のオカマ役  竹中直人

監督・脚本  石井隆
原作  西村望

タイトルとURLをコピーしました