清水美沙22歳、大川陽子28歳のヌード・おっぱい&濡れ場! おこげ(映画)のあらすじや感想

おこげ(映画)は、中島丈博監督が製作・原作・脚本も務めて制作された作品です。(1992年)

おかまにくっつく女の子(おこげ)を軸に、ホモセクシャルな世界の不思議な人間ドラマを描いています。

清水美沙、大川陽子がヌード・おっぱいや濡れ場を披露!

そんなおこげ(映画)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

おこげのあらすじ

小夜子は友人達と、ホモたちのハッテン場だと噂の海水浴場へ出かけた。

そして、岩場の連なりにいたホモカップルに目を奪われる。

夕暮れの海で見る2人のキスは美しく官能的で、小夜子はついうっとりと見とれてしまった。

数日後、小夜子はとあるゲイバーで偶然剛と寺崎2人と再開して意気投合する。

そして、ホテルが見つからないという2人を自分のアパートの一室に招き、小夜子と剛、寺崎、ホモとおこげの奇妙な関係が始まった・・・。

おこげの感想

清水美沙、大川陽子のヌード・おっぱいや濡れ場シーンも見所の1つです。

おこげのキャスト・スタッフ

諸橋小夜子役  清水美沙
吉野剛役  村田雄浩
寺崎栃彦役  中原丈雄
沢良宜民雄役  深沢敦
搭一役  長塚京三
徳子役  丘みつ子
こじまみよこ役  大川陽子

監督・脚本・製作・原作  中島丈博

タイトルとURLをコピーしました