角ゆり子24歳のヌード・おっぱい! 再会(映画 1975年)のあらすじや感想

再会(映画 1975年)は、斎藤耕一監督による作品です。

主演は野口五郎。

実家を出て愛人と外国へ旅立つことになった姉と、その姉を母のように愛する弟との別れるまでの3日間を描いています。

角ゆり子がヌード・おっぱいを披露!

そんな再会(映画 1975年)のあらすじや感想、キャストなどを紹介します。

再会(1975年)のあらすじ

賢は姉の葉子が、会社が倒産してエリートの道を踏みはずした五十歳過ぎの小沼という男とブラジルのサンパウロ市に移住する理由が分らなかった。

葉子は岐阜の柳ケ瀬でホステスをしながら賢の面倒をみてくれた人で、両親を早くに亡くした賢にとって母のような、恋人のような存在なのだ。

葉子が小沼のことを愛しているようだが、今度の外国行きには素直に喜べない。

そんな不安感が、賢を葉子の出発地である横浜まで見送りに来させていた・・・。

再会(1975年)の感想

音楽や場面展開が良くて、ラストの切なさもとてもよいです。

当時24歳だった角ゆり子のヌード・おっぱいシーンも見所の1つです。

再会(1975年)のキャスト・スタッフ

野口五郎
江波杏子
池部良
角ゆり子
佐藤英夫
寺田農
横山リエ

監督  斎藤耕一
脚本  斎藤耕一 / 仲倉重郎

タイトルとURLをコピーしました